オックスフォードで高校留学

  • 学習環境のよい北京で高校留学

    • 中国の公用語は、紛れもなく中国語ですが一般的に国内では標準語と呼ばれています。

      主に中国では七大方言があるとされ、その中でも北方語と呼ばれる東北三省(遼寧・黒竜江・吉林)と北京の人たちが話す中国語が標準で、発音が正確でもっとも美しいといわれています。中国各地では、きれいに標準語を話すことは美徳とされる傾向にあり、環境面を含め中国語の高校留学では北京をおすすめします。



      2008(平成20)年に夏季オリンピックが開催された北京は、人口2、000万人を超える大都市で、言わずとしれた中国の首都です。アジア大学ランキングには北京大学と精華大学がトップ10に入り、上海にはビジネス、北京には文化があるといわれるほどです。


      日本人の中国語留学生が多いのも特長です。北京は中国でもっとも治安のよい街のひとつに挙げられています。


      また、高校留学では寮に住むことになりますので安心です。

      食事も寮の中で食べることができ、現地の食堂も学生街なのでリーズナブルなお店が多くあります。

      goo ニュースについて知っておくと便利なことが良く分かるお得なサイトです。

      休みの日などは高校留学で来た各国の同級生と中華料理の食事、現代的な街の王府井(ワンフージン)や昔ながらの風情が残る胡同(フートン)などへ出掛けるのも良いでしょう。年々物価が上昇の傾向にありますが、交通費や生活用品はまだまだ安いです。



      高校留学では1週間からの短期コースもあれば、半年から1年間の長期プログラムも用意されていますので目的に合わせて選べます。